« Solved: Compose key doesn't wo... | Home | Manitoba Writers' Guild oppose... »

父子は

Mon 14 Nov 2011 by mskala Tags used:

父は、この書き込みを読んで私の電話しました。そのうちに付けが回ると知りました。時限爆弾でした。

私の父は、ぜんぶの人々で構いたいです。今隠居でも、仕事は幼稚園の先生でした。ニューソートの奉仕者もです。私のために構うことは無理もないです。電話しました。

しかし構うことは、助けませんでした。電話は、助けませんでした。父は、媒酌ので「どんな女は好きですか?」と言いました。「私を話しかける女が好きです。」じつは、私が始めて直接になら、無駄です。 今すぐ守勢のです。「But, WHY?」でした。(「でも、ナゼか?」)

「But, WHY?」でした。公安ですか?

そんな質問に答えることができません。そんな質問に、問われっていることができません。難し過ぎます。

多年あと私は自分のが、話しかける女に好むことをたどり着くのに許しました。今でも自分を許せることが難しいです。身内にも、答えることができません。

さて、もっと大きな日本語の書き込みを書きます。私の身内は日本語が分りません。

0 comments



(optional field)
(optional field)
Answer "bonobo" here to fight spam. ここに「bonobo」を答えてください。SPAMを退治しましょう!
I reserve the right to delete or edit comments in any way and for any reason.