« Testing with Autotools, Valgri... | Home | War on "piracy" makes Sudafed-... »

公安相のことは

Sat 18 Feb 2012 by mskala Tags used: , , ,

昨日は、カナダにツイッターに面白い日でした。しかし日本語の新聞は、それくらい記事を書きないと思います。これで私は教えています。あまりよい日本語ありませんごめんなさい。

今ある政党は、カナダの国会の上に君臨します。保守党が絶対安定多数です。でもたくさんの人は、その政党が好きありません。

最近与党は、新しい法案の提案しました。警察権を上げてインタネットの盗聴を作って法案んです。対決法案ですね。ヴぃっク・テーヴスさん(Vic Toews)と言う政治家は、その法案のスポンサーをします。公安相です。月曜日に、国会に、テーヴスさんは「[critics] can either stand with us or with the child pornographers.」と言いました。もじ公安相たちを支持しなければ、児童ポルノを支持しているということになりますよ!(@_w_deeさんの翻訳の介助ありがとう)英語のことわざは、「That's when the shit hit the fan.」です。たくさんの人は怒気になりました。

火曜日はバレンタインデーでした。その夕に、ある人は「@Vikileaks30」のツイッターアカウントを作りました。それから、テーヴスさんくらいスカンダラスな評判を書き込みします。例えば、離婚訴訟の文書を書き込みした。浮気で話します。カナダ人のプライバシーを侵たいような人のプライバシーは侵されました。

私は@Vikileaks30のことを責めたいです。保守党は嫌いでも、その人たちより私たちのほうが義理の人です。児童ポルノを支持しているということになるでも、義理の人です。義理のことをしなければなりませんよ。テーヴスさんの離婚訴訟は私の関する事柄ありません。

でも、物語はもっと面白くなりますよ…

木曜日には、ツイッターで新しいプロテストを始めました。たくさんなカナダらしいプロテストでした。テーヴスさんはカナダ人の生活の監視したいですか?いいよ。テーヴスさんに、カナダ人の生活を教えましょう!「#TellVicEverything」と言うハシュタッグで、人々はすごくツイートを書き込みした。「テーヴスさんに何事を教えてください」です。一日中、一番つまらないツイートを書き込みした。一日中、カナダの一番トレンドトピックありました。千人と万ツイートでした。各新聞はそれで記事を書きました。

木曜日にも、「The Ottawa Citizen」新と言う聞はおとり捜査をしました。@Vikileaks30にメールを送付しました。メールに秘密なURLを付していました。URLはダウンロード時、@Vikileaks30のIPアドレスを知りました。

@Vikileaks30のことは、カナダの国会のIPを使っています。面白いありませんか?

この間に、反対党員は公用の諮問を届けました。テーヴスさんたちのWWWブラウザのロッグを要望しています。もっと、カナダ人のプライバシーを侵たいような人のプライバシーは侵されます。

じつは、その前私はヴぃっく・テーヴスさんのことを見守っていました。友達は、「マッシュさんの名刺に『Notable Vic Toews Expert』を書きなければならないよ」と言います。私はいつも言論の自由の擁護します。それから、テーヴスさんのことを見守っていました。

言うまでもなく、児童虐待は悪いです。本当の児童ポルノは悪いです。しかしカナダの政治家は空想と現実の区別がつくことができません。カナダ法は空想と現実の区別がつくことができません。ロリコンのフィクションは、本当の児童ポルノみたい禁物です。言葉だけでも、禁物です。毎年カナダの税関吏は国境にたくさんな日本のロリコン漫画は捕らえます。

それはテーヴスさんのことだからです。十年以上から、ロリコンの禁のために従軍していました。フィクションの言葉の禁のために従軍していました。合意年齢の上げてのために従軍していました。いつもいつも、もじテーヴスさんを支持しなければ、児童ポルノを支持しているということになります。

月曜日のバカみたいコメントは、新しいありません。ところが、十年以上からそんなコメントを言っていました。人々の怒気だけ新しいです。

さて、面白い時間です。

0 comments



(optional field)
(optional field)
Answer "bonobo" here to fight spam. ここに「bonobo」を答えてください。SPAMを退治しましょう!
I reserve the right to delete or edit comments in any way and for any reason.