[Tag search]

tikzpeopleで新しいキャラ

Tuesday 12 December 2017, 14:59

これは TeX & LaTeX Advent Calendar 2017 の 13 日目の記事です。 昨日は tattsan さんでした。 明日は p_typo さんです。 外の年も記事を書きました。 2014 2015 2016

Nils Fleishhacker さんからのパケージ『tikzpeople』は、 人のノードを書きできます。 マイクロソフトビジオのようを持ちます。 たとえば暗号プロトコルので便利です。 だから Alice と Bob の名前あります。

今日新しいキャラを上げましょう。 トトロとカッパと四人の JK です。

Circuit-Macrosで回路図を書いて

Wednesday 14 December 2016, 10:34

僕の新しい仕事がアナログシンセのデザインです。 LaTeXでユーザーマニュアルを作りたいです。 ドキュメントの中で回路図を書きたいです。 今日、Circuit-Macrosで回路図を書き方の勉強しましょう。 よろしくお願いします。

これはTeX & LaTeX Advent Calendar 2016に僕の寄贈です。昨日はmarimo-nekomimiさんの日です。 明日、Yasuhide Minodaさんの日です。

LaTeXで文章の空白の植字をしましょう

Thursday 10 December 2015, 13:09

日本語が分かっても、時々英語で植字をしなければならないです。 英語では文章と言葉の中で、いつも空白あります。 LaTeXを使えば、もしかしたら文章と言葉の空白が難しいです。 今日本件の勉強をしましょう。

これはTeX & LaTeX Advent Calendar 2015に僕の寄贈です。

A XeLaTeX flavour for LaTeX-make

Wednesday 31 August 2011, 10:15

I like using Danjean and Legrand's latex-make package to handle automated compilation of my LaTeX documents. Unfortunately, there are several other packages with very similar names and functions, and this isn't the most popular one, so it's often hard to find on the Net when I want to install it on a new computer or recommend it to collaborators. In fact, I've ended up checking a copy into my own SVN repository so I can just check out from there when I want to create a new installation. Another gotcha is that it doesn't know about XeLaTeX, which has become an issue now that I'm using XeLaTeX for a lot of my newer documents (to achieve Japanese/Unicode and OpenType font support).

Below the cut: a Makefile fragment to add XeLaTeX support to latex-make. This can be used instead of the one-line default Makefile for a directory full of LaTeX document stuff, to replace the default invocation of pdflatex with xelatex.

Typesetting astrology with LaTeX

Monday 4 October 2010, 11:31

This entry gathers together information on using TeX and LaTeX for astrological documents, including both software I've released myself, and links to other resources. This is the master entry, which will be updated from time to time; I may also post brief announcements linking back to it as things get updated and changed.